column

中学3年の時にドラムを始めて同級生とバンドを組みました。

特に好きで演奏していたのはLed Zeppelin。
Zeppelinは大学入るまでやってました。中高生には渋いチョイスだったと思います。

他にもその時代の音楽、BLANKEY JET CITY、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、BRAHMANなどやってました。

スティールパンを初めて生で聴いたのはUAのturboツアーでの広島公演。
その時スティールパンを演奏していたのはリトルテンポの田村玄一さん、後に出会うことになります。

高校生の後半はLed Zeppelin好きからブルースを経てジャズも聴くようになっていました。

そして大学から東京へ。大学のジャズ研に入ることになります。

ジャズにはコピーバンドで演奏していた時とは違い個々の音楽性が重要でそこに魅了されました。
また東京に来たことで様々な音楽に出会い聴く機会が増えていきました。
そんな音楽体験の中でスティールパンの音に惹かれていきました。

ある時スティールパンについて調べていたら横浜レンガ倉庫でスティールパンフェスタというものが開催されることを知りました。
その年が第一回目の開催。

生で大人数のスティールパンサウンドを体験しスティールパンの購入を決めたのでした。


スティールパンを手に入れた後は大学のジャズ研でドラムと並行し独学で始めました。
音階楽器は子供の頃の習い事ぶりで楽譜を読むのは苦手です。

スティールパンのライブにもよく行っていました。
そこで出たったのが原田芳宏さんでした。

原田芳宏さんは日本を代表するスティールパン奏者。
PAN CAKEという原田さんのバンドを見に行き、原田さんと僕もスティールパン持ってますとお話しするとPanorama Steel Orchestraの練習見にくればと誘って頂きました。
Panorama Steel Orchestraは原田さんが主宰するスティールパンのビッグバンド。
PAN CAKEのライブを見に来ていたメンバーの方と連絡先を交換して帰りました。

後日メンバーの方から自主練の見学のお誘いを頂き向かいしました。
家から近かったので自転車で。

着くなりメンバーの方が「楽器持ってきたら」と。
自転車に乗り急いで取りに帰りました。

そこからPanorama Steel Orchestraに参加することになりました。

程なく青山のスパイラルにあるCAYというお店でパノラマ主催のライブがあると。

今思えばそんなことは無いのですが入って間もない自分は出れないんじゃないかと思っていました。
曲を完璧に弾ければ出れるはずと沢山練習しました。

パノラマは曲や曲順が当日に決まります。レパートリーも膨大です。
なので可能な限り多くの曲を練習する必要がありました。
譜面台も立てたくなかったので暗譜もしました。
原田さんに「出れるかどうかテストしてください」とメールしたり。

結局のところそんな厳しい雰囲気ではなく出演できたのですが。
1曲だけリハでもやらなかった曲を急遽やることになってそれだけ弾けませんでした。
悔しかったな。

大学を卒業してからはストリート演奏を始めました。
中でも井の頭公園ではよくやっていました。

ストリート演奏は今でもとても大切に思っています。

普段のライブは基本的にスティールパンが好きな人、興味がある人が来てくれることが多いのですが。
ストリートでは全くスティールパンを知らない人にスティールパンの音を届けることが出来ます。
それはとても貴重なで大切な時間だと思っています。

ストリート演奏での投げ銭がスティールパンで稼いだ最初のお金でした。
最初は300円ぐらいでした。

ストリートでもらった投げ銭を貯めて欲しかった小物と初期のipodを書いました。
今でもその小物はキーホルダーとしていつも身に付けています。